第9回学習会報告

立春が過ぎましたが、今日は雪が降るとても寒い一日でした。でも!私たち一宮アドラーの会・りんごの木は、寒さにも負けず、しっかりと学習会を行いました。

初めに、4月から開催を予定しているパセージについて計画案を立てました。その後、日本アドラー心理学会認定指導者でおられる野田俊作先生の講座に参加した人から、学んだことをシェアリングしました。具体的な事例を提示しながら、皆で確認し合うことが出来ました。次に、「勇気づけになったのだろうか?」と思う事例があったので、それを扱い、ブレークスルークエスチョンで代替案をみんなで考え、最終的に、やれそうな代替案を出すことが出来ました。

参加者の学んだことをご紹介します。

○「人々は仲間だ」と相手に思ってもらうことよりも、自分自身が「どんな人々も仲間だ」と思うことが、とても難しいけれども、大切なのだと思いました。そこからアドラーの1歩が始まるのかな?と感じた。

○久しぶりの参加でしたが、目標の一致を取るには、どうしたらよいのかという勉強になりました。

○相手を勇気づけるそのためには、「相手を裁かずに、力を合わせて一緒に働くか 相手を信じて口を出さないで 対等の位置で互いに助け合う。」(野田俊作先生の勇気づけの歌より)を実践することに尽きることを再確認しました。日々心がけて暮らそうと思いました。また、目標の一致の手続きも、もう一度確認したいと思います。


次回、学習会は、3月11日(土曜日) 午後1時半~午後3時半
場所:一宮市民活動センター会議室 一宮駅iビル3階

さて、現在、某テレビ局でアドラー心理学に関するドラマが放映されています。残念なことにアドラー心理学を誤解しておられる方々がおられるようで、複雑な想いです。
危惧した日本アドラー心理学会が、テレビ局に抗議文を送っていますので、ご紹介します。
http://adler.cside.ne.jp/common/pdf/fuji_tv.pdf

私たち、りんごの木は、正しいアドラー心理学を学んでいただけるよう、月1回の学習会を行っています。アドラー心理学は古くからこうやって仲間と学び合う心理学なのです。ひとりではどうすれば良いのかわからない出来事も、パセージを参照にして、仲間と一緒に考えることで、何か気付きや学びがあるようです。親子関係だけでなく、職場・友人など、全ての人間関係に使える心理学です。興味がある方は、私たちと一緒に学びませんか?

4月よりパセージを開催する準備が整い次第、ご紹介させて頂きますね!





[PR]
by adler_ringonoki | 2017-02-11 20:22 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる自助グループです。


by adler_ringonoki