第10回学習会の報告

こんばんは!今日は、りんごの木の学習会を行いました。

初めて参加してくださる方もおられたので、自己紹介と「アドラー心理学を学んで良かったこと」をシェアリングしました。次に、6月10日土曜日の午後から行う教育講座(予定)について、話し合いました。詳細が決まりましたら、、またこちらでご紹介したいと思います。

また、参加費について、貸し会議室を利用することもあるので、現行の100円から200円に変更させて頂くことになりました。来年4月以降は、参加費200円となりますので、どうかよろしくお願いします。

そして、ひとりの方の陰性感情が湧いたエピソードを扱い、エピソード分析を使いながら、代替案をみんなで考えました。今日の参加者は、パセージ・パセージプラス・アドラー心理学基礎講座等を学んだ方々だったので、エピソード分析を扱って行いました。競合的な目標から協力的な目標につなぐために、私的感覚も出しました。仲間の様々な質問や意見から、事例提供者が大切にしている私的感覚を見つけ出し、最終的には、協力的な代替案を見つけることが出来ました。

参加者の学んだことをご紹介します。

○エピソード分析は、本当に使えるという感覚を一層強めることが出来ました。アドラー心理学の仲間との良い雰囲気の中で心地よい時間を過ごすことが出来ました。これからも自助グループ、その他さまざまな機械を活用していきたいとますます思えました。

○エピソード分析を学ばせて頂き、私自身に通じるものがありました。相手との関係で、自分の事情で考えていましたが、相手の思いや考えなど聴いていなかったことに気が付きました。話を聴く、パセージテキスト9-L・11-Lに照らしてみようと思いました。

○人は、所属したいのだなぁと思いました。その方法、所属したいという表現が、個々に違いがあります。相手も所属したいんだ。そのために私は何が出来る?と考えなければいけないのだと思いました。
私は、良く非主張的な行動をとりますが、代替案を見つけられて私も嬉しいです。相手も自分も勇気づけられると感じました。

○今日は、事例を扱って頂きありがとうございました。相手の立場から見る(パセージプラス19-L)ことをすっかりと忘れていました。許せないエピソードでしたが、皆さんの力をかりて、協力的な代替案を出すことが出来ました。今度同様なことが起きた時、試してみたいと思います。今日は、深い学びと気付きをありがとうございました!

りんごの木は、このように、ひとつのエピソードを丁寧に扱い、皆で協力し合いながら、相手と協力的に暮らせるためにはどのようにすれば良いのか?相手を勇気づけるためにどんな工夫が出来るのか?をパセージテキストを参照に学び合っています。
子育て中の親御さん、興味のある方は気軽にお問い合わせください。

次回学習会は、4月8日土曜日 午後1時45分~4時
場所は、一宮市民会館会議室です。 参加費 200円

最後に↓で紹介しています、一宮市開催のパセージも引き続き募集中です!

お問い合わせは、 adler_ringonoki@yahoo.co.jp

までご連絡ください。


[PR]
by adler_ringonoki | 2017-03-11 22:59 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる自助グループです。


by adler_ringonoki