今日は、4月から6月にかけて行われたパセージのフォローアップの会を行いました。
パセージ受講から1か月が経過し、久しぶりにメンバーが集まっての学習会です。残念なことに、都合が悪くで参加することが出来なかったメンバーさんもおられましたが、今日のご報告をさせて頂きます。

初めに、皆で近況報告をしました。学んでから今日まで、それぞれが感じたこと、気にかけて暮らしていること、最近の出来事等をシェアリングしました。その後、ひとつの陰性感情が湧いたエピソードを扱って、「子どもさんの適切な側面は何があるのか?」「この場面で学んで欲しいことはどんなことか?」「そのためにどんな工夫が出来るのか?」とパセージのテキストを参照に学び合いました。
今回は、課題の分離に関したエピソードだったので、13-Lを読みあわせました。

次に「子どもの課題に介入してしまった」と失敗してしまったかなというエピソードをお話してくださいましたが、お子さんに対して、選択肢を与える質問をされたことで、子どもがどうするのかを自分で決めることが出来たエピソードでした。選択肢が3つあったのですが、野田先生の本か何かを参考にされて、提示されたそうですが、実践の素敵なご報告でした。

皆さんの学んだことをご紹介します。

○子ども(家族)と協力して暮らすにはどうしたらよいか?まず、子どもを理解したいと思います。
理解するにはどうすれば良いか?まずは、子どもの話を聴きたいと思いました。そうして、協力できる部分は何かを話し合いたいと思います。

○子どもが単語で話してくることに対して「それで?」と開いた質問でうながし、相手を理解する。
話を聴くことで、「相手の世界が見えてくる」「自分の知らない世界を知ることが出来る」が印象的でした。最後は、子どもを信頼すること、そして、子どもの適切な側面に注目することだと思いました。

○親は、良かれと思って子供に意見を言うことがあります。ですが、子どもを信頼して見守ることが必要だとあらためて気が付きました。忘れ物をしたという一見ネガティブな出来事に対して「忘れ物したことに気が付けたんだね」という捉え方がとても勉強になりました。自分自身にも使おうと思います。

○パセージを学んで、何をすべきかも何となくは解るものの、そこに進む決断が難しかったのですが、皆さんに勇気をもらったので、前進したいと思います。

○フォローアップの会で、久しぶりに皆さんとお会いして、学ばせて頂きありがとうございました。皆さんがパセージを参照にして、実践と工夫をされていることに勇気づけられました。子どもの言動をだけを見ていると、適切な側面はたくさんあって、そこに正の注目をするか、負の注目をするかが、親の構えに繋がるのかなぁと思いました。不適切な行動に注目しないことは、いつも修行ですが、5L-1をいつも思い出して、不適切な側面の中の適切な側面に注目したいと思います。

このように、Passageは、受講後も学び合うことをお勧めしています。ひとりでは行き詰ってしまいますが、皆で学び合うことで、きっと何か気が付くこと・学ぶことがあります。
只今、9月からの集中パセージの募集を行っております。定員まで残りわずかととなっていますので、早い目にお申込みくださいませ。

詳細は↓です。



[PR]
# by adler_ringonoki | 2017-07-13 19:45 | Comments(0)

第13回学習会報告

今日は、真夏を思わせる暑い暑い一日でした174.png
りんごの木の学習会の報告です。

今日は、開始前に時間があったので、先日行った教育講座のシェアリングをしました。
講座後、参加者の方々の声をいくつか聴かせて頂くことで、講座を開催したことが皆様への勇気づけになったことをあらためて感じました。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

学習会としては、まず、9月から開催するパセージについての打ち合わせをしました。定員まであと少しゆとりがありますので、来週以降、一宮市民活動センター・一宮市役所西庁舎・木曽川庁舎にパセージの案内チラシを置かせて頂きますので、直接手に取ってみてくださるとありがたいです。

次に、カウンセラー養成講座を受講する人がいるので、カウンセリング練習として、エピソード分析をしました。代替案から、パセージの関連するページ(頼み方のコツ・お願い口調)を読みあいました。
その後、「勇気づけの歌」の学び合いをしました。今日は、(15)~(19)までを読みましたが、エピソード分析したケースと重なる部分がたくさんあり、別の代替案も出すことが出来ました。合わせて、パセージの「話の聴き方」11-L を読み合わせました。

学んだことをご紹介します。

○カウンセリングで事例を提供して頂き、学ばせて頂きました。
 相手が言った言葉の後ろにある善意・良い意図を見つけたいと思いました。私と家族のやり取りの中で忘    
 れていたことでした。相手の想いに感謝して暮らしたいと思いました。

○「開いた質問」「相手の考えを推量する」ということが大切だと思いました。同時に正の注目が出来ると  
 思いました。「いつもありがとう」の言葉を、私の口から出して頂いたおかげで、忘れていた横のつながりがとても大切に想えました。私の嫌いな命令口調、私が命令口調で、お願い口調ではありませんでした。
今日からまた、社会生活の中で「相手の考えを推量する」「気持ちを言葉で伝える」「丁寧な言葉で頼む」を実践してきたいと思います。今日のカウンセリングをありがとうございました。

○今日は、エピソード分析の練習をさせて頂き、ありがとうございました。「相手とどのような関係でいたいと願っているのか?」と、開いた質問ですること・相手の考えを推量する、ことの大切さを再確認することが出来ました。大切なエピソードを扱わせて頂いたことで、多くを学ばせて頂きました。私自身、いつもどんな時も、相手の良い意図を注目し、感謝をしたいと思いました。今日は、ありがとうございました。

今日の参加メンバーは、パセージ&パセージプラスを受講済みのメンバーだったため、エピソード分析を扱って、学び合いました。クライエント役さんは、これまでも相手を勇気づけるための代替案を試されてきたようで、相手との関係が変化が起きてきたという、嬉しいお話もシェアリングしてくださいました。

来月の学習会はお休みで、次回は9月2日(土)午後1時45分~4時 一宮市民活動センター・会議室
です。参加費は、200円  皆様の参加をお待ちしています~!101.png



[PR]
# by adler_ringonoki | 2017-07-08 19:45 | Comments(0)
梅雨本番、蒸し暑い日々が続いていますね。今日から7月!かねてからお知らせしていた9月から開催するPassage(アドラー心理学にもとづく育児プログラム)のご案内をさせて頂きます。週末集中講座として行うにあたり、会場確保に手間がかかってしまい、ご案内が遅くなってしまいました。心待ちにしてくださった方々、お待たせしました!

<開催日> 9月3日・17日 10月1日・22日  
      全4回一日2章ずつ学びます。(午前・1章 午後1章)

<パセージのテキスト内容>

1章:子育ての目標  2章:賞罰のない育児  3章:課題の分離 4章:共同の課題
5章:目標の一致  6章:体験を通じて学ぶ  7章新しい家族 8章:積極的に援助する

<開催時間> 9:45~16:00 *昼休憩 12:15~13:30 

<開催場所> 一宮市民会館・会議室  (0586)71-2021  無料駐車場有

       又は 一宮市民活動センター・会議室    JR・名鉄一宮駅iビル3階

   *参加メンバーの方に、詳細をお伝えします。

<リーダー> 久保田由紀子
       (日本アドラー心理学会認定家族コンサルタント・同カウンセラー)

      尾関恵美 
       (日本アドラー心理学会認定家族コンサルタント)

<受講費> 22,000円(テキスト代2000円込) 再受講 16,000円  
        
<定員>  6~10名 (先着順) 
    定員になり次第締め切ります。お早目にお申し込みください。
 
   *託児はありませんが、乳児のお子さんは抱っこして参加して頂けます。
ただし、他の      
    参加者の方に迷惑がかからないよう、お母さんが責任を持ってくださるようお願い   
    します。
  
   *お休みされる場合、次回以降開催されるパセージにおいて、補講を受けることが出   
    来ますので、ご相談ください。

既に何人かの方々にお申し込みを頂いております。この機会に「勇気づける子育て」を学んでみませんか?受講希望される方は・・・・

お名前 住所 電話番号 お子さんの年齢を書いてメールにてお申し込みください。

mail  adler_ringonoki@yahoo.co.jp

皆さまのお申し込みをお待ちしています~!



[PR]
# by adler_ringonoki | 2017-07-01 19:37 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる自助グループです。


by adler_ringonoki