第5回学習会の報告

一宮アドラーの会・りんごの木の第5回学習会、参加者は3名で行いました。
まず、来年度のパセージ開催に向けて、チラシ印刷、広報について打ち合わせをしました。
11月3日に行う広報活動では、アドラー心理学にもとづく子育てプログラム・Passageを、興味を持たれた方おひとりおひとり、丁寧にお伝えしていくことを確認し合いました。

次に、野田先生の講座に参加した方のシェアリングをしました。
今日の参加者は、Passageのアドバンスコース・Passageプラスを受講した人が1名、受講中の方が2名だったので、講座で実際にカウンセリングしてもらったエピソード分析を、プラスのテキストを参照しながら、パセージテキスト5-L 10-L 11-Lを確認し、ゆっくりシェアリングしました。
次に、参加者の陰性感情が湧いたエピソードを取り上げ、皆でエピソード分析に挑戦しました。途中、ロールプレィをしながら、私的感覚・代替案を、事例提供者さんの言葉で出してもらうことが出来ました。

参加された方の感想をご紹介します。

○代替案を自分で口にしながら、自分では納得がいかなかったのですが、私的感覚のマイナスを他の表現に言い換えることで、とても納得することが出来ました。人と接する際に「何か感動を分けようとしてくれているのだな」というイメージをもっていきたいと思いました。陰性感情が少し変化するかも?と思いました。

○私的感覚のマイナス側から代替案を考えるということは、事例提供者さんの協力的な代替案に繋がるということに、感動しました。

○エピソード分析は、とても奥深いです。代替案を実践しながらも、相手を勇気づけられたのだろうか?とあれこれ考えています。「信頼・尊敬する」「相手を理解する」勇気づけを、しばらくぶら下げて暮らそうと思います。

今日は、アドラー心理学の難しいけれども、治療効果があると言われる「エピソード分析」を扱ったので、少しレベルの高い学習会となりましたが、相手を勇気づけるため、相手と協力的な関係になるために、私は何が出来るのか?参加者全員が腑に落ちるまで学び合うことが出来ました。

来月の学習会は、11月24日木曜日に開催する、プチパセージとします。アドラー心理学に初めて触れる方々のためのワークです。子育て中の方、子供と関わるお仕事をされている方、一緒に学びませんか?

☆プチパセージ☆

passagってどんなふうに学ぶの?アドラー心理学にもとづく子育てって? と思われる方のために、パセージの一部にに触れて頂きながら、プチ体験していただけます。
「子どもに何度言ってもいうことを聞いてくれない」「どうして悪いことばかりするの?」
「子育てに自信がない」等、子育てに悩んでいる方には、是非ともお勧めです!

日時 11月24日(木) 午前10時~12時
場所 一宮市民活動センター小会議室
定員  8名 定員になり次第締め切ります。
参加費 500円

<問い合わせ先>
一宮アドラーの会・りんごの木 

メールアドレス  adler_ringonoki@yahoo.co.jp








[PR]
# by adler_ringonoki | 2016-10-15 19:35 | Comments(0)
木の葉も色づきはじめ、秋の気配を感じますね。
さて、以前よりお知らせしていました、Passage(アドラー心理学にもとづく子育てプログラム)を、一宮市に於いて初めて開催します!

「子どもは大好きなんだけど、イライラしてしまう」「何度言ったらわかってくれるの?!」
「よその子はとっても良い子なにに、うちの子は、どうして悪いことばかりするの?」等
子育てに悩みは尽きませんね。

Passageは、そんな方々に絶対にお勧めできる講座です!
他にも、子供を関わるお仕事をされている方も対象としています。

私たちもパセージを受講することで、子供たちは自立し、社会と調和して暮らしていますし、良い関係で暮らしています。実体験したことで、一宮市でもアドラー心理学を根付かせるべく活動しています。
今回、初めてパセージを開催することで、より多くの仲間と学び合えることを楽しみにしています!

それでは、パセージのご案内です。合わせて、パセージをどのように学んでいくのかを体験できるプチパセージもご案内します!

☆Passage パセージ

○開催予定日 2017年1月19日~3月9日毎週木曜日 但し 2月1日・3月1日は水曜日
○開催時間  午前9時30分~正午
○開催場所 一宮市民活動センター・会議室 (一宮駅iビル3階) 
      もしくは、一宮市民会館会議室  *参加メンバーの方には詳細をお伝えします。 
○リーダー 久保田由紀子さん (日本アドラー心理学会認定カウンセラー・同家族コンサルタント)
○受講費  22,000円 (パセージテキスト2,000円込)

○定員   8~10名  先着順
    *託児はありませんが、乳児のお子さんは抱っこして参加していただけます。


☆プチパセージ
   ~パセージ体験コース~

○開催日時  11月24日木曜日 午前10:00~正午
○開催場所  一宮市民活動センター小会議室 一宮駅iビル3階
○リーダー  
久保田由紀子 (日本アドラー心理学会認定カウンセラー・同家族コンサルタント
○参加費   500円
○持ち物   筆記用具
  *託児はありませんのでよろしくい願いします。

皆様のご参加をお待ちしています!


[PR]
# by adler_ringonoki | 2016-10-07 20:51 | Comments(0)
今日は、一宮アドラーの会・りんごの木の第4回目の学習会でした。参加者は、4名で行いました。まず、今後の活動予定を話し合いました。先日の子育て講演で、パセージに興味を持ってくださる方がたくさんおられたので、来年1月から久保田由紀子さん(アドラー心理学会認定カウンセラー・同認定家族コンサルタント)をリーダーにお迎えして、一宮市でパセージを開催するよう準備をしていきます。広報活動として、パセージのお試しということで、プチパセージを行うことに決まりました。(詳細は、最後にご案内します。)

その後、参加者のひとりが、野田先生の講座で学んだことをシェアリングしました。それに関連して、「勇気づけ」について再確認するために、パセージのテキスト(5-L・10-L・15-L)を読み合わせました。中でも「不適切な行動の中にある適切な側面」を探し出すため、参加者が陰性感情を感じた2つのエピソードを取り上げ、どんなことが適切な側面なのかを探し合いました。最終的に、事例提供者さんご自身で、相手を勇気づける代替案を見つけることが出来ました。

さらに、もうひとつエピソードを取り上げ、適切な側面をみんなで探した後、ロールプレーをして、相手の立場になるとどんな気持ちだったのかも確認し合いました。相手を勇気づけるために、何が出来そうなのかをパセージから探した後、出てきた代替案を元に、事例提供者さんの言葉でロールプレーをして確認しあいました。

参加されたかたの学んだことをご紹介します。

○アドラー心理学を学び始めたころ、事例提供者さんと同様の対応をしていたことを思い出しました。勇気づけは色々な形があります。話を聴く、見守る、それぞれ相手を「自分の仲間だ!」と思って、おこないたいと思います。

○「勇気づけ」について、丁寧に学ばせて頂きました。不適切な行動の適切な側面に注目して、正の注目をしたいと思います。すぐに忘れてしまうので、今日の学習会を思い出して、家族を勇気づけたいと思います。

○パセージのテキストの言葉は解っていても、自分の日常で実践するのは、なかなか出来ていないことがわかりました。勇気づけることのひとつに「任せる」があることを知っているつもりでも、信頼して任せるという姿勢が身についていないのだと実感しました。

○「勇気づけ」は、とても奥深いものだと思いました。
パセージ5L-1の不適切な行動の中の適切な側面探しは、いかに大切なのかよくわかりました。適切な側面はないと思っても、必ずあるんですね。日々の生活で実践していこうと思います。

<次回学習会>
10月15日 一宮市民会館 会議室 午後1時半~午後3時半

<一宮パセージのご案内>
2017年1月よりアドラー心理学にもとづく育児学習プログラムPassage(パセージ)を開催します。
温かな雰囲気の中、メンバー同士が勇気づけ合いながら学びます。

毎週木曜日(2時間半)、8週間をかけて行います。 日程の詳細については、追ってご紹介します。
参加費・22000円(テキスト2000円を含む) 
定員 8~10名 
場所 一宮駅iビル一宮市民活動センター会議室を予定しています。 *一宮駅構内にあります

<プチパセージのご案内>
passagってどんなふうに学ぶの?アドラー心理学にもとづく子育てって? と思われる方のために、パセージの一部にに触れて頂きながら、プチ体験していただけます。

日時 11月24日(木) 午前10時~12時
場所 一宮市民活動センター小会議室
定員 10名
参加費 500円

チラシが作成出来次第、各所に配布する予定です。どうぞお早めにお申し込みください。

<問い合わせ先>
一宮アドラーの会・りんごの木 

メールアドレス adler_ringonoki@yahoo.co.jp
HP http://adler-ringonoki.jimdo.com/







[PR]
# by adler_ringonoki | 2016-09-03 20:32 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる自助グループです。


by adler_ringonoki