人気ブログランキング |

4月土曜日学習会の報告

4月に入り、肌寒い日もありますが、桜満開の一宮市です。179.png私たち「一宮アドラーの会りんごの木」は、

アドラー心理学の学習グループとして活動し3周年を迎えました!

これまで学習会に参加してくださった皆様、活動に協力し応援してくださった皆さま、心からお礼申し上げます。今日は、4年目に突入し、平成最後の土曜日学習会を開催しました。

午前は、パセージプラスを受講したメンバーを対象にした学習会を行いました。まず、近況報告をした後、日常生活の中のある日、ある時の陰性感情が湧いたエピソードをシェアリングしました。次にその事例を扱って、協力的な暮らしになるためにどのような工夫が出来るのか?をアドラー心理学の援助技術であるエピソード分析を使って、協力的な代替案を学び合いました。代替案は2パターンを出して、事例提供者さんとロールルプレィをして確認し合いました。

参加者の学んだことをご紹介します。
○久しぶりにエピソード分析をしました。たわいもない子どもとのエピソードで、ここまで分析して頂いたので、私的感覚をぶらさげながら日々過ごしたいと思います。
○エピソード分析をすることで、これまで考えたことのない思考を言葉にすることが出来たように思います。時間をかけ丁寧にすすめたことも良かったと思います。代替案を試して頂いてまたお話を聴かせてほしいです。また、子どもの適切な側面をたくさん出したことが、子どもの力を信じることに繋がって、勇気づけになると思いました。

午後からは、アドラー心理学を初めて学ぶ方にも参加して頂ける学習会を行いました。初めに自己紹介と近況報告、最近陰性感情が湧いたエピソードをシェアリングしました。次に事例を2ケース扱って、ロールプレィをして相手に立場になって考えたり、相手のパーソナルストレンクスや適切な側面を出し合い、相手を勇気づけるための工夫を皆で学び合いました。

参加者の学んだことを紹介します。
○夫の冷製さや大人の対応に感謝です。メンバーさんの発言でサラリーマンの気持ちが解りました。長男には、代替案を伝えたいと思います。
○最初の事例で、事例提供者さんが夫さんのことを大切に想っていること、夫さんも事例提供さんのことを大切に想っていることがイメージできました。とても良い家族で羨ましいです。次のエピソードでも母親として息子さんへの愛情が伝わりました。
○今日は、2つの事例から学ばせて頂いて、ありがとうございました。自分が本当に伝えたい事は何なのか?は、こうやって学習会で学び合うことで、言葉に出来るように思います。ロールプレィをして代替案を試しましたが、とっても穏やかで協力的な関係になって素敵だなぁと思いました。私も自分の本当の願いは何なのか?を考えながら、それを言葉にして相手に伝えたいと思いました。

さて、今年も恒例の子育て講座を開催します!現在、広報に向けて準備中です。詳細が決まりましたらまたこちらでもお伝えさせて頂きますのでお楽しみに162.png

次回土曜日学習会ですが、5月はお休みで、6月1日土曜日の開催です。
木曜日学習会は、4月18日午前9時半~正午に開催します。パセージを受講された方はどなたでもご参加いただけます。

お問い合わせ&お申し込みは・・・・

adler_ringonoki@yahoo.co.jp

まで、ご連絡くださいね!178.png

# by adler_ringonoki | 2019-04-06 21:15 | Comments(0)

3月学習会の報告

3月に入り、温かい日が続いていますね。今年度ももうあと少しで終わり。卒業や入学、進級の準備で忙しくなる時期になりますね。

さて、今日は学習会を行いました。午前は、パセージプラスを受講した人を対象としており、今日は人数が少なかったのでパセージプラスのテキストをじっくり読んで学びました。午後は、初めて参加してくださった方がおられたので、パセージテキストを使って、1-L子育ての目標・2-Lの適切な行動について読み合わせました。その後、おひとりの陰性感情が湧いたエピソードを扱って、この場面のお子さんの適切な側面、何を伝えたかったのか(学んで欲しかったのか)、そのための工夫を、テキストを参照にしながら考えました。ロールプレィ・ロールチェンジを通じて、子どもが「私はは能力がある」「人々は仲間だ」と思うのかを確認しました。最後は、事例提供者さんの言葉で代替案を出して頂きました。代替案を試して頂いて、またお話を聴かせて頂けたらと思います。

学んだことをご紹介します。

○子どもの良いところが、このエピソードだけで10ヶも発見できてうれしかった。私の思いも具体的にわかった。私の心配からの先走りの思いやりで、過干渉だったことにあらためて気付きました。

○言葉で思いを伝えることの大切さを学びました。私も日々の生活の中で、相手に言葉で伝えていき、私に出来る何かを感じたいと思いました。また、常に相手に選択肢がある状態であると良いかもと学びました。

○子どもが自立していくために出来ることは何だろう?と考えました。互いの善意を解りあうためには、相手にどうして欲しいのかを聴くことだったり、自分の考えを丁寧につたwることだったり、場合に応じて勇気づけたいと思いました。私も相手の「話を聴く」を大切にしたいです。

177.png4月学習会
 6日 午前9時半~正午 
   *主にパセージ・パセージプラスを受講された方を対象に、エピソード分析を使って学びます。

    午後1時半~4時
   *初めてアドラー心理学を学ぶ方にも参加して頂けます。
   
場所:一宮市民活動支援センター会議室  参加費2は00円です。

初めて参加を希望される方は  adler_ringonoki@yahoo.co.jp まで ご連絡くださいね。

学習会後に事務打ち合わせをしました~
5月、6月に子育てに関する講座を開催する予定をしています。詳細が決まりましたらこちらでもご案内します!
アドラー心理学にもとづく子育てを多くの方に知っていただけるよう、準備たいと思います。

b0357774_22461723.png



# by adler_ringonoki | 2019-03-02 22:49 | Comments(0)

2月平日学習会の報告

今日は、2回目の平日に開催する学習会でした。
初めに、事務連絡をした後、近況報告と最近陰性感情が湧いたエピソードをそれぞれシェアリングしました。
次に、日本におけるアドラー心理学の第一人者でおられる野田俊作先生が作られた「勇気づけの歌」を全員で唱和した後、1)~6)までをひとつひとつ取り上げながら、意味が解らないところやパセージテキストと照らして皆で理解を深めました。その後、おひとりの方のエピソードを扱って、事例検討しました。
ロールプレィをしながら、この場面のお子さんの適切な側面、何を学んでもらいたかったのか?そのための工夫を、皆で考えました。

代替案が3つ出たところで、それぞれロールプレィをして確認したところ、一緒に参加してくれていたお子さんが発言してくれ、それが事例提供者さんにとってドンピシャの代替案になったのです。お子さんの提案を取り入れ、さらに良い代替案が見つかりました。最後にもう一度、ロールチェンジをして代替案を確認した結果、事例提供者さんも納得されたようです。学びに協力してくれた二人のお子さまたちに感謝です。

参加者の学んだことについては、時間が押してしまい、言葉でのシェアリングになりましたが、勇気づけの歌の理解を深めながら、皆で学び合うことで、それぞれに学びがあったようです。

私たちはこのように、陰性感情が湧いたある日ある時の出来事(エピソード)をもとに、相手をどのように勇気づければ良いのか?互いに信頼・尊敬し合う関係になるためにはどのような工夫が出来るのか?をアドラー心理学にもとづいて学び合っています。
アドラー式子育てってどんなふうな子育てなの?子どもが言うことを聞いてくれない、親子関係を見直したいけれど、何をどうすれば良いのかわからないなど、子育てに悩みは尽きませんね。
そんな方々へ、5月・6月には恒例の教育講座の開催も予定していますが、いつでもお問い合わせや学習会への参加を受け付けていますので、お気軽にご連絡くださいね。


177.png3月学習会
2日土曜日 午前9時半~正午  場所:一宮スポーツ文化センター会議室 
   ☆エピソード分析を学ぶ会  
   主にパセージプラスを受講された方を対象としますが、パセージを受講された方も参加できます
      
   午後1時半~4時 場所:一宮市民活動支援センター会議室
   ☆初めてアドラー心理学を学ぶ方も参加して頂けます。

14日木曜日
  メンバー向けの講座を開催します。

177.png4月学習会
6日土曜日  場所:一宮市民活動支援センター会議室
 午前9時半~正午  
   ☆エピソード分析を学ぶ会  
   主にパセージプラスを受講された方を対象としますが、パセージを受講された方も参加できます
      
   午後1時半~4時 
   ☆初めてアドラー心理学を学ぶ方も参加して頂けます。

参加費は、200円です!
 
初めて参加される方は、下記までご連絡くださいね。101.png
皆さまのご参加をお待ちしています~

mail  adler_ringonoki@yahoo.co.jp
    




# by adler_ringonoki | 2019-02-26 19:32 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる日本アドラー心理学会公認自助グループです。


by adler_ringonoki