第13回学習会報告

今日は、真夏を思わせる暑い暑い一日でした174.png
りんごの木の学習会の報告です。

今日は、開始前に時間があったので、先日行った教育講座のシェアリングをしました。
講座後、参加者の方々の声をいくつか聴かせて頂くことで、講座を開催したことが皆様への勇気づけになったことをあらためて感じました。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

学習会としては、まず、9月から開催するパセージについての打ち合わせをしました。定員まであと少しゆとりがありますので、来週以降、一宮市民活動センター・一宮市役所西庁舎・木曽川庁舎にパセージの案内チラシを置かせて頂きますので、直接手に取ってみてくださるとありがたいです。

次に、カウンセラー養成講座を受講する人がいるので、カウンセリング練習として、エピソード分析をしました。代替案から、パセージの関連するページ(頼み方のコツ・お願い口調)を読みあいました。
その後、「勇気づけの歌」の学び合いをしました。今日は、(15)~(19)までを読みましたが、エピソード分析したケースと重なる部分がたくさんあり、別の代替案も出すことが出来ました。合わせて、パセージの「話の聴き方」11-L を読み合わせました。

学んだことをご紹介します。

○カウンセリングで事例を提供して頂き、学ばせて頂きました。
 相手が言った言葉の後ろにある善意・良い意図を見つけたいと思いました。私と家族のやり取りの中で忘    
 れていたことでした。相手の想いに感謝して暮らしたいと思いました。

○「開いた質問」「相手の考えを推量する」ということが大切だと思いました。同時に正の注目が出来ると  
 思いました。「いつもありがとう」の言葉を、私の口から出して頂いたおかげで、忘れていた横のつながりがとても大切に想えました。私の嫌いな命令口調、私が命令口調で、お願い口調ではありませんでした。
今日からまた、社会生活の中で「相手の考えを推量する」「気持ちを言葉で伝える」「丁寧な言葉で頼む」を実践してきたいと思います。今日のカウンセリングをありがとうございました。

○今日は、エピソード分析の練習をさせて頂き、ありがとうございました。「相手とどのような関係でいたいと願っているのか?」と、開いた質問ですること・相手の考えを推量する、ことの大切さを再確認することが出来ました。大切なエピソードを扱わせて頂いたことで、多くを学ばせて頂きました。私自身、いつもどんな時も、相手の良い意図を注目し、感謝をしたいと思いました。今日は、ありがとうございました。

今日の参加メンバーは、パセージ&パセージプラスを受講済みのメンバーだったため、エピソード分析を扱って、学び合いました。クライエント役さんは、これまでも相手を勇気づけるための代替案を試されてきたようで、相手との関係が変化が起きてきたという、嬉しいお話もシェアリングしてくださいました。

来月の学習会はお休みで、次回は9月2日(土)午後1時45分~4時 一宮市民活動センター・会議室
です。参加費は、200円  皆様の参加をお待ちしています~!101.png



[PR]
by adler_ringonoki | 2017-07-08 19:45 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる日本アドラー心理学会公認自助グループです。


by adler_ringonoki