学習会の報告

昨日は、今年最初の学習会を行いました。「一宮アドラーの会・りんごの木」は今年も、皆で助けい合い協力し合って暮らせるよう、日常生活のある日ある時のエピソードを扱って、相手を勇気づけるために何が出来るのか?を仲間で学び合っていきます。今年もどうかよろしくお願いします!

初めに、初参加の方もおみえになったので、自己紹介と今年の抱負、最近アドラー心理学を実践した出来事など、それぞれ発表しました。今日は、北陸東海地方会のテーマである「勇気づけの歌から学ぶ」を目的に、学習会をすることに目標の一致を取りました。まずは、皆で声を出して「勇気づけの歌」を読みました。その後(1)~(10)までをひとつひとつ、言葉の意味や捉え方を意見を出し合いながら、皆が理解出来るよう学び合いました。

次に、最近いつも繰りかえされている事例を扱い、ロールプレィをしながら、相手の不適切な行動の適切な側面を出し合いました。相手を勇気づけるためにどんな工夫が出来るのかを「勇気づけの歌」・Passageのテキストを参照し、9-L・11-Lを確認し合いました。さらにもう一ついつも陰性感情を持つ事例を扱い、まずは「よかった」と考え、何が良かったのか?を皆で考えました。相手の対処行動が何もなかったので、相手の立場と同世代の方々がおられたので、この場面でどうやって言われると勇気づけられるのか?を意見を出し合いました。二つのケースそれぞれが事例提供者さんが出来そうな代替案を出すことが出来ました。

学んだことを一部ではありますが、ご紹介します。

○勇気づけの歌は、簡潔に要点がまとめてあり、普段から見えるようプリントアウトしておこうと思います。人と話すときにまずは、その人の話を開いた質問で良く聴くことが大切だと再確認できました。勇気づける方法を学べたので、これからも実践していきます。

○自分が問題だなぁと感じていることの解決方法のひとつとして、相手の話を良く聴くこと、それによって相手の気持ち・考え・したいことがわかり、私自身にも伝わることがわかりました。

○「子どもの話を最後まで聴く」「子どもが何を伝えたいのかを考えながら聴く」「相手の言葉を繰り返してみる」「対等な立場で協力的な姿勢で接する」久しぶりにPassageの復習が出来て良かったです。無理のない範囲で継続的に課題シートを書いていこうと思います。

○「相手の話を最後まで聴く」とひょっとしたら、私の中で思い描いている相手とは全然違う状況が分かるかもしれない。話を最後まで聞くことを大切にしようと思いました。エピソードをありがとうございました。

○相手は私に何をしてほしいのか、まずは話を最後まで聴いて、私に何が出来るのかを聴き、協力したいと思いました。いつも出来事は起きるのですが、良いこともそうでないことも、まずは「よかった」とありがたく受け止めて、どんなことが良かったのかを見つけたいと思います。

162.png次回学習会162.png
2月3日土曜日 午後1時45分~4時
一宮市スポーツ文化センター第7会議室  参加費200円

162.png今後の活動予定162.png
3月11日日曜日午前に、勇気づける子育て・プチ講座を開催します。
今回は、テキストを用意しますので、よりわかりやすく学んでいただけます。
詳細は、決まり次第こちらにも掲載します。

また、4月から平日Passageの開催も企画中です。こちらも決まり次第ご紹介しますのでお楽しみに!
相手(子ども)との日常生活のやりとりを丁寧に扱い、相手(子ども)の気に入らなかった言動の違う側面を知ることが出来たり、愛おしい想いに気が付いたり・・・・仲間と一緒に学び合う喜びもきっと実感して頂けます。

お申込み・お問い合わせは

adler_ringonoki@yahoo.co.jp

まで、よろしくお願いします~!

[PR]
by adler_ringonoki | 2018-01-14 08:00 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる日本アドラー心理学会公認自助グループです。


by adler_ringonoki