秋スタートPassage@木曜日コース終了☆

こんにちは!
本日、秋スタートの一宮パセージが無事に終了しましたのでご報告させて頂きます。
最終章は、メンバーさんがアドラー心理学にもとづく子育てを実践され、お子さんとの関係が変化した感動的なご報告がたくさんありましたが、「さらに勇気づけるにはどんな工夫が出来るのか?」を皆で考えました。パセージテキスト4-Lの「適切な行動をしたときに正の注目を与える」大切さも学び合いました。最後に「学んだことを」をシェアリングしましたが、想いが溢れ涙する方々もおられました。

メンバーの皆さまが、受講して学んだこと&感想をご紹介させて頂きます。掲載許可を得ております。

○勇気づけるには、「話を聴く」は大切だけれど、まずは自分が冷静になること。自分がマイナスの感情を作っていることがわかりました。今は未だ難しいけれど、頭で解るのではなくて、体で解るようになりたいです。子どもには、尊敬と感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

○毎回、素晴らしい講座をありがとうございました。受講して一番変わったと思うのは、自分の行為を見直す習慣がついてきたことです。相変わらず感情的になって、陰性感情が前面に出てしまうことも多いのですが、それでも振り返ると、どこが問題だったのか?そして代替案を考えるくせがついてきたように思います。
今後の当面の課題は”勇気づけ”です。一緒に学んだ皆さまとの話の中でも、感謝する、尊敬することも学びました。今後の生活で意識して過ごしていきたいと思います。

○「縦の関係ではなく、横の関係で考えること」「ありがとう、をきちんと声に出して伝えること」「子どもを勇気づけるだけではなく、子どもからも勇気づけてもらっていること」まだまだたくさんのことを学びました。自分の気持ちに精一杯で、本当にどうしてよいのかわからない毎日でしたが、皆さんに考えて頂きながら学んでいけて、今まで気が付かなかったことを知れて、本当に良かったと思います。

○断片的だった経験や知識を整理することが出来た。子育てのはじめからパセージにもとづいて息子と関わることができたので、イラッとする自分も楽しめ、ゆとりが持てています。

○「勇気づけ」出来ることは、たくさんあるということ。心配し過ぎても良いことはないなぁ~ということ。子どもは、ちゃんと自分で自分がやるべきことがわかっているということ。Passageの教えに添って日々暮らしていると、子どもがちゃんと教えてくれるということ。スポーツと一緒で実践を続けることが大切。

このように、Passageは、本では絶対学べない生きたアドラー心理学を参加者みんなで学び合っていきます。
新たに受講を希望される方、どんな風に学んでいくのだろう?と思われる方は、まずは、学習会に参加してみませんか?

162.png12月8日土曜日  午後1時45分~4時  一宮市民活動支援センター会議室 参加費200円

Passage受講後は、このように学習会やフォロー会で継続学習しています。
初めての皆さまもお気軽にご参加くださいね。

メール adler_ringonoki@yahoo.co.jp

まで!お待ちしています177.png



b0357774_15040543.jpg






by adler_ringonoki | 2018-12-06 15:40 | Comments(0)

一宮市でアドラー心理学を学んでいる日本アドラー心理学会公認自助グループです。


by adler_ringonoki